欠点が長所になる

バイクに乗るバイクは80~90年代のバイクブームをピークに日本では減少傾向にあります。免許制度の変更(大型自動二輪の教習所取得)により、リターンライダーの増加もありましたが、やはりそれを支えるのは新規のライダーたちです。スマホの普及や景気の影響などもあり、若者がバイクに興味をもつことは少なくなってきています。また最初の項に示したように、バイクは実用性が乏しいもので、そのほとんどは趣味性が高いものです。インターネットを見渡しても、バイクに関することは否定的な意見が多く、仲間を探すことはなかなか厳しいものがあります。否定的な意見が続きましたが、それらを解消してくれる手段が合宿免許です。

先ほどから述べているようにバイクは趣味的要素が強く、同好者を探すことは難しいものがあります。ですが合宿先にはその趣味を行おうとしている同士が免許を取るために集まっているのです。前項より述べていますが、合宿免許施設で集中的に練習することで感覚を忘れないうちに実車ができ上達が早いのですす。そして合宿免許は同じバイクを趣味とする人の集まりです。教官からだけではなく、同じ教習者からコツを教えてもらうこともでき、励ましあいながら上達していきます。これは一人で練習していては決して叶わないことなのです。
同じ趣味を持つ仲間たちと一緒に成長していける合宿免許は、楽しくて時間も忘れてしまうでしょう。免許取得後もツーリングなどを一緒にできる長い付き合いの仲間となることでしょう。

About the author

カレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31